クレジットカード現金化安全調査.com

クレジットカードは利用させる企業、利用する個人はセキュリティを守らなければなりません

  • HOME »
  • クレジットカードは利用させる企業、利用する個人はセキュリティを守らなければなりません

クレジットカードは個人の預金の口座を1枚のカードで利用できるようになっていますが個人の管理が悪いとデメリットがあります。カードは常に財布と共に所持していますので、落とすと悪意の或る拾い主に利用されます。

それを防ぐためにクレジット会社に連絡をすれば悪用を避ける事ができますが個人のクレジットの番号が判る物を個人がコピーなどをしていないと時間が掛かる事は間違いありません。クレジットカードはインターネットで申し込みをしないと発行できないようになっていますのでカードを紛失すればインターネットから連絡する事で再発行を申し込むことが出来ます。

この事は個人のカードの管理の仕方が悪い事で起こりますが管理をしていてもインターネットですので他人と結びついている事になり不正侵入され利用される事になります。
現代は電話やインターネットの被害が毎年、多くなってきている時代ですが取り締まる方法がないという事です。個人の金銭に関するインターネット利用でインターネットの偽のホームページを見分ける方法を知らない人が多いという事です。

ホームページはインターネットを利用していれば複数の同じ会社のホームページを出すことが出来るようになっていますので不正者では改竄をすれば不正に預金を盗まれる事になります。
そのような事で金銭関係を取り扱うホームページではセキュリティが必要になります。また個人でもセキュリティソフトを入れて置く必要があります。企業への攻撃をサイバー攻撃と言っていますが個人では不正侵入と言いセキュリティソフトを購入して保護しなければなりません。

そのような事で「クレジットカードを利用する」、あるいは「利用してもらう」にはセキュリティが最大の問題であることが判ります。個人で厳重なセキュリティをしていても問題のあるページにアクセスすればウイルスを蒔かれ個人情報が盗まれる事になりますので知らないページにアクセスしない事がクレジットカードの不正利用で預金を無くすことはありません。


PAGETOP