クレジットカードの現金化については合法なのか違法なのかの意見は分かれているといってもいいでしょう。現実的にはクレジットカードの現金化を広告している業者がたくさんあり、利用している人がかなりいると考えられていますが、業者が一斉に摘発されたというようなことはありません。
クレジットカードの現金化といっても大きく分けて「キャッシュバック方式」と「商品買取方式」の二つがあります。キャッシュバック方式は業者からクレジットカードである商品を買うとその代金の手数料などが引かれた分の現金が購入者の口座などに振り込まれる方法で商品が購入者の手に渡ることはありません。商品買取方式はクレジットカードで指定された商品を購入すれば、その商品をある程度の価格で買い取ってくれるというやり方です。キャッシュバック方式ではすでに検挙者が出るという前例もありますので、違法性が高いといえますが、商品買取式では違法性がどうかということはなかなか結論が出ない問題であります。
ただし、クレジットカードの現金化をする人の多くは、消費者金融などからの借り入れがたくさんあり、これ以上のキャッシングなどができなくなっているである可能性が高いので、クレジットカードの現金化を利用することがおおく、クレジットカードの支払いができないということに結局はなってしまいます。それにクレジットカードの現金化は手数料などの名目で購入した商品の70から80%程度の買取価格であることがおおく、その意味で言えば消費者金融などの金利よりも高いことになっています。
国や省庁などではクレジットカードの現金化をしないように呼びかけていますし、クレジットカードの規約などでも禁止事項になっており、クレジットカードの現金化をすればクレジットカードが使えなくなったり、即時に全額の支払い請求を受けることになります。それに、これから法整備が進んでクレジットカードの現金化が違法になる可能性もあるのです。