クレジットカードを使っていると、「現金化」という言葉を聞く機会もあると思います。クレジットカードはそのだけでキャッシングが利用できたり、ショッピングが利用できたりと、用途は複数あるわけですけど、そのショッピング枠を現金化するという業者も一部で存在します。これはクレジットカードで購入したものを後に換金するというもので、基本的にはクレジットカードの現金化は禁止されています。これをやってしまうと、以降クレジットカードの使用禁止などの措置を受けたり、思わぬ犯罪に巻き込まれてしまう、そういう事態が存在します。当然、クレジットカードの現金化を謳っている業者としては、当然禁止行為であることを知っています。そして、それを知らない人、知っているけどあまり深く考えていない人をターゲットにして、現金化を勧めてきます。至るところにクレジットカードの現金化に関する広告などがありますけど、これらはまず禁止であると、やってはいけない行為であることを認識しておくことが必要です。また、先ほど犯罪に巻き込まれやすいということを言いましたが、それはすでに述べたようにクレジットカードの現金化を歌っている業者は、それがいけないことであるという認識があってやっているのです。つまり、やってはいけないことだと分かってやっているのだから、そりゃそういう業者が悪質じゃないわけがないのです。そういう意味では、クレジットカードの現金化を勧めてくる業者というのは、まず普通の会社ではない。そういう認識を持つ必要があります。そして、それだけの関係で終わらずに、その後もしつこく付きまとってくる可能性があります。1度優良顧客だと思われたら、その後もカモだと思って、何度も同じような勧誘がきて、もう良いのに。と思っても逃れられない危険性もあります。最初は気軽な気持ちで1回だけと思っても、それで済まない怖さもありますから、絶対にクレジットカードの現金化はしてはいけないのです。