クレジットカード現金化安全調査.com

出張時のクレジットカードの利用限度額に注意!

  • HOME »
  • 出張時のクレジットカードの利用限度額に注意!

クレジットカードは、社会人であれば今ではほとんどの人が持っています。
出張で飛行機代などの交通費や宿泊費が必要な場合、クレジットカードが1枚あるととても便利です。
会社に出張の経費を清算する場合、経費は申請した翌月以降の給料日に一緒に口座に振り込まれるような会社が多いです。クレジットカードを持っていないと給料日まで自分の財布から現金で経費を支払わなければいけませんが、出張の経費をクレジットカードで立て替えておけば支払いは給料日以降になりますので、自分の財布の中の金額を意識しないで済みますね。

ただし、ここで注意しなければいけないのが、クレジットカードの利用限度額についてです。
誤解が多いのが、限度額まで利用できる期間です。例えば「利用限度額 30万円」の場合、意外と多くの人がしているのが「1ヶ月の間に30万円まで使える」という勘違いです。
おそらく、クレジットカードの明細が1ヶ月ごとに発行されることから多くの人がそんな誤解をしているのでしょう。

クレジットカードの利用限度額は、月ごとの限度額を意味しているのではありません。
例えば、Aさんが利用限度額30万円のクレジットカードを持っているとします。このカードは毎月末日締めで、翌々月5日に口座から引き落とされます。Aさんが10月1日から31日までの間、出張での飛行機代やホテル代を計25万円クレジットカードで立て替えたとします。
Aさんの利用金額は限度額より安い金額なので、何も問題ないように見えますが、この地点でAさんが11月中にクレジットカードで使える金額は残りたった5万円なのです。
10月1日から10月31日までクレジットカードを利用した分の口座引き落とし日は12月5日となります。この口座引き落としの手続きが滞りなく済んで初めて、Aさんのクレジット利用額はリセットされるのです。逆にいえば使った分を支払うまでは、月が変わろうが利用額はどんどん累積されていきます。

クレジットカードは今や社会人の出張時の必須アイテムとなっていますが、利用限度額が月単位ではないことに十分注意して、賢く利用したいものですね。


PAGETOP